ニュース&トピックス

女子柔道部、黒木美晴選手が講道館杯にて見事優勝!

  • ニュース&トピックス
  • 2012.11.12

クリックすると拡大します

2012年11月10日(土)~11日(日)に講道館杯(平成24年度講道館杯全日本柔道体重別選手権大会)が千葉ポートアリーナ(千葉県)で開催され、熱戦が繰り広げられました。本大会は体重別柔道日本一を決定する大会で、同じく体重別で行われる『全日本選抜柔道体重別選手権大会』や体重無差別のみで行われる『全日本柔道選手権大会』と共に国内におけるビッグタイトルの一つ。

その講道館杯で環太平洋大学一年の黒木美晴が52㌔級で見事優勝。試合後タイトル獲得の気持ちを述べました。「優勝できて、自分自身が一番驚いています。講道館杯のようなシニアの大きな大会はもちろん、中高生のときも含めて初の全国大会優勝でした。環太平洋大学には、姉(黒木和世選手)がいるので、両親からの強い推薦もあって入学しましたが、自分よりも強い先輩方が大勢いらっしゃるので、毎日の稽古がとても充実しています。決勝前に古賀監督からは「とにかく落ち着いてやれ」とアドバイスをもらいました。普段から貴重な技術やヒントをたくさん教えて頂いていて、すごく感謝しています。優勝できて少しはアピールできたのかなと思いますが、同世代でも世界で活躍している選手が大勢いるので、これからもっと練習して追いついていけたらと思います。」

その他の階級で52㌔級で谷本和(3年)、70㌔級でヌンイラ華蓮(3年)が3位、63㌔級で片桐夏海(卒業生)、70㌔級で大住有加(卒業生)が準優勝。今後IPU生の柔道界での活躍が期待されます。

iQiPlus