キャリアセンターニュース&トピックス

卒業生がお仕事紹介に来学!(岡山県警、海上自衛隊)

  • キャリアセンター ニュース&トピックス
  • 2013.02.18

2月15日(金)、岡山県警に勤めている1期生の一宮優理さん(体育学科卒業、剣道部)と海上自衛隊として任務に就いている2期生の田中秀弥さん(体育学科卒業、男子ハンドボール部)がIPUに来学し、それぞれのお仕事について、公務員志望のIPU生を前に、堂々とお話ししてくれました。

卒業生ということで、現役のIPU生からもたくさんの質問が飛び出しました。

「警察学校は厳しいですか?」という質問に対して

「警察学校は体力的にも精神的にもつらいことがありましたが、同じ夢をもっている仲間たちがいるし、それをお仕事として学ばさせてもらっていると考えると、乗り越えられます。女子の私でも乗り越えられましたので、みなさんもきっと頑張れます!」と一宮さん。

また、女子学生からは「女子警察官だからこそのやりがいはありますか?」という質問には

「子どもや女性が狙われる事件も多くありますが、そういった弱い立場の方々の気持ちをくんであげることができ、また、その被害にあった方が心を開いて、自分を信じて話をして下さったときは、やりがいを感じました。」という答えでした。

IPUには女子で警察や消防を目指す学生も少なくありません。女性警察官として頑張っている一宮さんの輝きをみて、さらになりたい気持ちが高まったかもしれません。

 

また海上自衛隊として働いている田中秀弥さんには、

「船で働いているあいだの休みはどうなるんですか?」「体力トレーニングはきついですか?」など福利厚生やトレーニングに関する質問も。

「船上にいる間も、もちろん勤務時間です。陸にもどったときにまとめて休みがとれます。今度、世界1周の任務につきます。それぞれの寄港地での研修もあり、様々な経験ができると思うので、わくわくしています。」と楽しそうに答えてくれる田中さん。

男子ハンドボール部で鍛えていたからか、トレーニングも弱気にならずに前向きにがんばっている様子でした。

また、海上自衛隊の男子ハンドボール部にも入り、試合などでも活躍している様子を映像でも紹介してくれました。

日本を守るため、日々鍛錬を積んで、またIPUに戻ってきた際には後輩たちにお話しをぜひしていただきたいです。

 

説明会終了後にも、二人の周りにはたくさんのIPU生が集まり、実際のお仕事の様子について、さらに詳しく質問したりしていました。

 

公務員就職支援室の取り組みの一環として、こういった説明会は定期的に行ってまいります。

iQiPlus