ニュース&トピックス

高校生らドリル演奏に感嘆の声 ―第2回オープンキャンパス―

  • お知らせ
  • 2013.07.14

ことし2度目のオープンキャンパスが7月13日、第1キャンパス(岡山市東区瀬戸町)であり、岡山県内外から訪れた高校生、保護者ら約300人が模擬授業などで大学生活の一端に触れ、胸をときめかせました。

今春完成した新学舎・フィロソフィアのセミナーホールで全体会が開かれ、大手企業に就職が決まった4年生の3人が、決まるまでの取り組みや苦悩などを体験発表。中原学長、大橋理事長も「うちの持っている教育力を誇りに思っています」「自分の力をとことん引き出してくれる、本気の先生がいます」などと話し、参加者は熱心に耳を傾けていました。

模擬授業は「数字の面白さ」「メンタルトレーニングとは」―などをテーマにそれぞれの学科で行われ、国際教育学科では小嶋隆宏教授がアメリカンポップを流し、曲の歌詞にどんな単語が使われているでしょう―と投げかけて、みんなで探し、歌のフレーズが完成すると声を揃えて歌って英語の楽しさを体験しました。将来、英語を使った仕事に就きたいという高校3年の女子生徒は「大学1年でニュージーランドに1年間、留学できるのは魅力です」と話しました。

昼の休憩時間には、2012マーチング・カラーガード全国大会金賞(大学最上位)のマーチングバンド部がドリル演奏を披露、高校生たちは初めて目にする、その鮮やかさに感嘆の声が漏れていました。

この日は断続的な雷雨に見舞われましたが、43人の学生スタッフが参加者をてきぱき誘導するなど大活躍でした。オープンキャンパスは8月10日(土)、8月25日(日)、9月15日(日)、10月5日(土)にも行われ、参加者の申し込みを受け付けています。

お申し込みは,このサイトから http://www.ipu-japan.ac.jp/18733/

iQiPlus