キャリアセンターニュース&トピックス

日本人の価値観持って世界へ ~グローバル化で良品計画・金井社長が講演

  • キャリアセンター ニュース&トピックス
  • 2013.07.22

「無印」ブランドで知られる良品計画の金井政明社長が22日、フレッシュマンセミナーで経営理念や商品開発について講演、学生たちが熱心に耳を傾けました。

 

金井社長は冒頭、年間の営業収益が1883億円に上る商品のアイデア開発について触れ、常に考え思いを巡らすことが重要だと訴え、「思いがあればアイデアは降ってくる」と強調。現在、国内は約390店、海外は約230店の店舗展開を説明した後、海外は年間50店のペースで増えており、「グローバル化は今後、急速に進むだろう」と述べました。こうした中で収益を増やすポイントとして、「消費者は価値のあるものしか買わない時代に入っている。共同体(地域コミュニティー)意識の強い、日本人の価値観を持って世界へ乗り出したい」と話し、「各国、地域の多種多様な文化、習慣を尊重し、土着化を推進したい」などと方針を語りました。そして日本の歴史、文化など自国のことを勉強することは、国際化時代には欠かせない―と学生たちに訴えました。

 

 

1、2時限で計約500人が受講し、授業の最後に学生たちは金井社長に質問。「企業の欲しいのはどんな人材ですか」との学生の問いに、金井社長は「素直な人、常に考える人、挑戦する、勇気ある人でしょう」と応じていました。

iQiPlus