キャリアセンターニュース&トピックス

「社会に出る準備を」 ヒト・コミュニケーションズ安井社長が授業

  • キャリアセンター ニュース&トピックス
  • 2013.10.29

東証1部上場でアウトソーシング、営業支援企業ヒト・コミュニケーションズの安井豊明社長が10月28日、キャリアデベロップメントのゲスト講師として来学、「株式上場とは何か ヒトコムの成長から考える」と題して講演しました。

安井社長は国内外31拠点で販売、サービス、営業分野の営業支援事業を展開している会社の現状や即戦力となる人材育成のための実践的研修を説明。そして、訪日する外国人が初の1000万人を超え、今後は観光事業が脚光を浴びるとの見通しを示して、「観光立国」に対応できる新しい取り組みの必要性を述べました。

この後、東京株式市場の実際、株式上場の意味を考えながら、安井社長が会社を引き受けた2004年8月から、東証1部に上場した今年7月までの歩みを3段階に分け、最も力を注いだことを体験を踏まえ話しました。「大小に関係なく志の無い企業は駄目」「実績以外で求心力は生まれない」「事をなすには情熱が9割だ」-などと、その時々に得た教訓を学生たちに訴えました。

最後に、「皆さんには厳しい社会が待ち受けている。不合理なこともいっぱいあるだろう。学生時代に疑似体験を積んで社会人となる準備を進めてほしい」と強調しました。

iQiPlus