ニュース&トピックス

【女子硬式野球部】“新生”「侍ジャパン」新ユニフォーム発表記者会見に大倉孝一監督が出席

  • ニュース&トピックス
  • 2013.11.13

11月6日、東京都内のホテルで トップチーム率いる小久保新監督のもと、“新生”「侍ジャパン」新ユニフォーム発表記者会見が行われました。

今回の侍ジャパンプロジェクトは、プロ・アマの『結束』の象徴としてトップチーム、社会人、21U、大学、18U、15U、12U、そして女子野球の日本代表、すべての世代が同

じユニフォームを身にまとい、世界の舞台で戦います。女子野球からは、大倉孝一監督と2012年代表キャプテンの志村亜貴子選手が記者会見に臨みました。

大倉孝一監督は女子硬式野球日本代表監督と共に、来年度2014年春から始動する本学の女子硬式野球部の監督でもあります。

本学の女子硬式野球部では、未来の日本代表選手を育成し世界の舞台で活躍する選手が出ることを期待しています!

 

 

 

 

 

 

記者会見ではユニフォームのコンセプトが説明されました。

今回ホーム用のユニフォームに使用された「ダイアモンドストライプ」は日本中にあふれる野球の才能たち、それは世界に誇る我が国の宝。 そんなダイアモンドの原石たちが

幼少期からはじまり、磨かれやがて国を背負う日本代表となり、輝きを放つように、という願いが込められているそうです。

そして、世界を相手に戦う覚悟と勇気をいつでもその胸に感じられるようにと、1931年、初めて大リーグ・オールスターチームを相手に戦ったユニフォームの文字デザインを復

刻させたそうです。(日本女子野球協会 公式ブログ引用)

来年度からの環太平洋大学・女子硬式野球部の応援よろしくおい願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

写真右:大倉監督

iQiPlus