ニュース&トピックス

「1軍で長く活躍できる投手に」 ~3期生・又吉選手が来学し抱負

  • お知らせ
  • 2013.11.18

プロ野球ドラフト会議で中日から2位指名された環太平洋大学3期生(2013年卒業)の又吉克樹投手(四国アイランドリーグplus・香川)が11月18日、堀込孝二球団代表らとともに本学を訪れました。又吉投手は後輩たちを前に「末長く1軍で活躍できる息の長い投手になりたい。中日の又吉と呼ばれる投手を目指す」と抱負を語りました。

1年生対象のフレッシュマンセミナー(1、2時限)で教壇に立った又吉投手は大学時代を振り返り、「どんな選手、人間になりたいのか、そのためには何が足りないのか、何をしたらよいのか」を考え、小さなステップを踏みながら大きな夢に向かって努力することの大切さを在学生に訴えました。そして香川入団後は「結果がすべてのプロの世界。2年で結果が出なければ別の職に就こうと思っていた」と胸の内を明かし、堀込球団代表も又吉投手について「香川に入団してから地域貢献や地域活動、スポンサーとの関わりのなかで社会性を磨き人間的に成長した。リーグ発足以来の高位指名、アイランドリーグの星となって頑張ってほしい」と、リーグ全体にとっても期待が大きいことを強調しました。

授業には大橋博理事長、大橋節子学園長も同席し「大学に後援会をつくり応援していきます。後輩たちが見ていることを胸に刻み、頑張ってください」とエール。野球部の後輩らも花束を贈って祝福しました。授業後は学生たちが又吉投手を取り囲んで記念撮影したり、サインをねだるなど、喜びの輪が広がっていました。

又吉投手は沖縄・西原高校時代は内野手。環太平洋大学に入って投手に転向し、最速148キロの速球と2種類のスライダーが武器。11月22日に中日と仮契約を結ぶことになっています。

iQiPlus