企業にIPUをPR ~46社参加しシンポジウム~

  • ニュース&トピックス
  • 2014.10.08

写真中央:乃村工藝社の吉本清志・コーポレート本部長、同左:ミズノの加藤美佳子・人事総務部専任主任次長

企業の人事担当者らに大学、学生の魅力を知ってもらうとともに、大学側も企業がどんな人材を求めているのかを学ぼう、という「企業と学生をつなぐシンポジウム」が10月7日、第1キャンパスの新学舎・フィロソフィアで行われました。

岡山県内外46社の人事担当者や在学生、関係者ら計約300人が参加。東証1部上場で商業施設などの企画・運営管理を手掛ける乃村工藝社の吉本清志・コーポレート本部長、スポーツ用品専業大手であるミズノの大阪本社・加藤美佳子人事総務部専任主任次長と中原忠男学長、学生3人が「企業が求める人材像と大学教育のあり方」をテーマにパネルディスカッションしました。

ディスカッションでは、「4年後に責任を持つ」IPUの就職を目指した取り組みなどを紹介する一方、企業が求める社員として、「新しい風を持ち込み、素直で柔軟な発想ができる新人が必要」(加藤氏)、「自分の個性を魅力的に見つめ直すことができゴールを鮮明に描ける人」(吉本氏)ーなどと意見を交わし、出席した学生は熱心に耳を傾けていました。パネルディスカッションの後、学生、大学関係者と企業の方々との情報交換会もありました。

アルバムはこちら→http://www.ipu-japan.ac.jp/album/2014/20141007/

iQiPlus