ニュース&トピックス

子どもと遊び実践教育 ~こども発達 倉敷でイベント~

  • トピックス
  • 2015.08.17

 「ドキドキわくわく お仕事体験フェスタスペシャル」が8月9日、10日の両日、倉敷市水江のイオンモール倉敷で開かれ、IPU環太平洋大学は、こども発達学科の学生たちが「運動指導ができる幼稚園・保育園の先生になろう!~体操のお兄さん、お姉さんと一緒に遊ぼう」という催しを企画し運営。ブースには連日150人の子どもたちが訪れる元気いっぱいのイベントとなりました。
 初日の9日は6人の学生が、「パラバルーンで遊ぼう」を担当。子どもと一緒に中に入ったりドームを作るなどして遊び、音楽に合わせ演技も行いました。初めは緊張していた学生たちも言葉のかけ方や対応方法が短時間の反省会をする度に上達、子どもの表情が見る見るうちに明るくなりました。
 10日はパフォーミングアーツ部の小澤尚子監督と矢野愛奈さん(健康科学科3年)も参加しました。子どもたちはIPUポロシャツを着て、ポンポンを手にEX体操に挑戦、保護者やギャラリーから大きな拍手を浴びていました。
 9月から幼稚園・施設実習を控えた学生たちにとって実りある実践教育の場となり、10月25日に本学で開催する「IPUわくわく運動会」をアピールすることにもつながりました。

iQiPlus