[明治神宮大会]雨の中、歴史に残る初勝利!

  • ニュース&トピックス
  • 2015.11.16

大学の部・1回戦 環太平洋大3-1天理大

11月14日(土)、明治神宮野球場で「第46回明治神宮野球大会」が行われ、大学の部・1回戦で天理大学を相手に3-1で競り勝ち、神宮初勝利を挙げました。
先発ピッチャーの和田は初回、四球や安打などで一死一、三塁のピンチを招いたが、無難に切り抜けた。その後、6回まで被安打2で3塁を踏ませない安定したピッチング。一方、攻撃では、3回に4番の高祖の適時打で1点を先制し、6回に浦木の適時打で1点を追加。さらに押し出し四球で1点を追加し、3-0としました。終盤の守りは、和田に代わり7・8回には原を、最終回には宮本がマウンドに。相手に得点を許したのは、8回表に3塁打からの犠牲フライによる1点のみで、指揮官とナイン、そして応援団が一体となった最高のゲームで8強入りを決め、新たな歴史を刻んだ日となりました。
16日の準々決勝は、優勝候補の一角・東海大学との対戦です。皆さま、引き続き、環太平洋大学・硬式野球部へのご声援をよろしくお願いいたします。

iQiPlus