教育分野や健康づくりで協力 ~IPUと備前市が包括連携協定締結~

  • ニュース&トピックス
  • 2016.03.17

 IPU・環太平洋大学は3月16日、備前市と教育分野、健康づくりなどで協力する包括連携協定を結びました。協定は教育・子育て支援、地域文化・スポーツの振興、保健・医療等の健康づくり―など8項目に及び、具体的な内容については協議しながら決めることにしています。
 この日、備前市東片上の保健センターで調印式があり、中原忠男学長と吉村武司備前市長が協定書に調印しました。中原学長は「教員、アスリート、経営者を育成するIPUの特色を生かしながら交流を深めていきたい」と話し、教育を重点施策の一つに掲げる備前市の吉村市長は「人材育成の目標を掲げる両者が手を携えて地域を支える人づくりを進めていきたい」などと抱負を話しています。
 包括連携協定の期間は1年間で、1年ごとに更新する予定です。

iQiPlus