地域にとって魅力ある商店街とは?経営学部の産学連携プロジェクトがスタート

  • ニュース&トピックス
  • 2016.05.24

 5月23日、岡山市表町商店街連盟と経営学部・現代経営学科1期生らによる産学連携プロジェクトがスタートし、現地で第1回目となる会議を行いました。
本プロジェクトは、同商店街連盟の商店街イベントおよび3丁目劇場跡地の活性化を目指し、本学学生がマーケティング調査ならびに企画提案にボランティアとして協力、活力ある地域づくりの形成に寄与するというもの。

 この日は留学生を含む約40名の学生が参加。同商店街連盟の長谷川誠理事長の案内のもと、表町商店街を約1.5㎞歩き小売店の現状や3丁目劇場跡などを視察、商店街の歴史や、アーケードが持つ役割や意匠などについての話に耳を傾けました。その後、商店街の活性化をテーマとした意見交換を行い、学生からは「ブランド戦略のひとつとして名称変更を検討してみては」「若い層をターゲットに、ツイッターやライン、インスタグラムなどのSNSを最大限に活用できる方法を考えてはどうか」といった声があがりました。次回は具体的なアクションに向けたミーティングの開催を予定しています。

iQiPlus