大学4年間をいかに過ごすか。「日経ビジネス」発行人・高柳氏が特別講義 

  • ニュース&トピックス
  • 2016.05.24

 5月24日、株式会社日経BPの高柳正盛氏をゲストスピーカーにお迎えし、経営学部・現代経営学科の学生らに向けた特別講義が行われました。

 講演テーマは「大学4年間をいかに過ごすか ~君と働きたい!と言わせるために~」。人口減少問題を抱える日本の現状についての話を皮切りに、「企業も考え、変わり続けている」、「自らをどうステップアップさせるか」、「前向きな姿勢が難局突破につながる」といった小テーマごとに、環境に適応させて自ら姿を変える生物の「変態」のごとく、市場状況に応じて事業内容を転換していった富士フィルムの近年のダイナミックな動きや、日本マクドナルド創業者の藤田田氏の自己反省法など、日本を代表する経営者たちに取材を重ねてきた高柳氏ならではのエピソードを交えた話が繰り広げられました。

 講義の最後には、①自己分析してみよう、②本を読もう、③新聞はこう読もう、④留学してみよう、など、これから本格的に経営学を学ぶ学生らに向けての具体的なアドバイスもあり、学生たちはノートをとりながら熱心に耳を傾けました。

 経営学部・現代経営学科では、今後も第一線で活躍するゲストスピーカーをお迎えし、さまざまなテーマで講義を開講する予定です。

iQiPlus