祝!創志学園高校・夏の甲子園大会出場決定!

  • ニュース&トピックス
  • 2016.07.25

速報!IPU・環太平洋大学の系列校である、創志学園高校が全国高等学校野球選手権岡山大会にて初優勝に輝きました。


決勝戦、対玉野光南高校、9回表ワンアウトランナー一塁、1-0でリードを許す創志学園高校の攻撃。
難波君の打った打球は無情にもピッチャーゴロによりダブルプレー。
ゲームセットと一度は両校が整列するものの、創志学園側が、打球は打者の足に当たって転がったと主張。
審判団によるビデオ判定となり、自打球の審判。試合は再開され、そこから3連打による集中打で4点の反撃。

9回裏、今大会500球の球数を超える連投のエース高田君が、見事3人で締め念願の夏の甲子園への切符を手にしました。
創志学園高校は今春に開催されたセンバツ高校野球大会にも出場しており、春夏連続出場となります。

また、創志学園高校だけではなく、学校法人創志学園グループ、クラーク記念国際高等学校本校も、先日の北北海道大会で創部3年目にして初優勝し、グループから2校の夏の甲子園出場となる快挙となりました。

この夏、創志学園高校、クラーク記念国際高等学校本校の応援よろしくお願い致します。

iQiPlus