海外でインターンシップ!香港ワールドフードエキスポ2016

  • ニュース&トピックス
  • 2016.08.22

8月9日~15日の日程で、国際教育学科学生10名が、香港貿易発展局主催「香港ワールドフードエキスポ2016」でインターンシップを行いました。

香港コンベンションセンターで開催される「香港ワールドフードエキスポ」は、毎年40万人以上が来場するアジア最大級の食品見本市です。27回目となる今年は、約30カ国から食品関連の企業・団体が出展、日本からは岡山県を含む44都道府県から過去最大の350団体が出展しました。

10名の学生たちは、岡山県ブース、赤磐市ブース、ジェトロ(日本貿易振興会)ブースを担当。岡山県ブースでは、岡山県産の桃、ぶどう、ジュース、菓子、酒などの販売や、アンケートを用いてアイスクリームの商品嗜好の調査を実施しました。
赤磐市ブースでは、桃、ぶどう、酒などの名産品の試食・試飲の手伝いと市場調査を実施。ジェトロブースでは、赤磐市のあられや倉敷市の味噌の販売や商談補助を行いました。

インターンシップ期間中は英語を積極的に使い、香港での岡山産農産物や商品の人気の高さを感じる事ができました。また同時に地方企業の国際進出や農業の将来について考える機会にもなり、学生たちにとっては今後の学びの課題を見つけた充実したインターンシップとなりました。

iQiPlus