硬式野球部2年連続初戦突破!~明治神宮大会~

  • ニュース&トピックス
  • 2016.11.14

11月12日(土)「第47回明治神宮野球大会」が行われ、大学の部・1回戦で大阪体育大(関西第2代表)にタイブレークに競り勝ち、2年連続の勝利を挙げました。

 エース和田洸輝(体育学科4年)は、楽天4位指名の相手投手菅原を凌ぐ魂の入った投球を披露、3回を除く6回まで、三振を含め毎回三人で片づける力投。

スタンドには広尾学園(系列校)チアリーディング部40名とマーチングバンド部のOB10数人やクラーク国際記念高校(系列校)150名、を含む大応援団が、心を一つに見事に息の合った演奏・演技を神宮の夜空に響かせ熱いエールを送りました。

3回裏に2点を先制されるも8回表に2対2の同点とした。延長十回からは一死満塁から始まるタイブレークに突入し4番の志賀巧朗(体育学科2年)の犠牲フライで1点をあげる。
その裏、相手の三遊間を抜けるかと思われる強烈な打球をショート松本知紘(現代経営1年)のダイビングキャッチでピンチを救うも、この間にホームインされて延長十一回に入る。
本学は二死満塁から代打押部がタイムリーを放ち2点を追加。その裏の相手攻撃をエース和田が9つ目となる三振と内野ゴロで抑え勝利した。

11月14日(月)15:30からは、ベスト4をかけて、ロッテ1位指名の佐々木投手を擁する桜美林大(関東第1代表)と対戦します。
皆さま、引き続き、環太平洋大学・硬式野球部へのご声援をよろしくお願いいたします。

iQiPlus