「ENMUSUBi2017 〜自己プレゼン会+合同説明会」に参加しました!

  • ニュース&トピックス
  • 2017.06.20

 エル・おおさかで開催された留学生のための就活イベント「ENMUSUBi2017 〜自己プレゼン会+合同説明会」に、国際教育学科の4年生と3年生あわせて28名が参加しました。このイベントには本学の他に、関西を中心に日本語学校・専門学校・大学・大学院から約150名が参加。国籍も中国、台湾、韓国、タイ、べトナム、ネパール、ミャンマー、フランスと様々でした。
 

 午前中は33名のエントリーから最終的に選抜された15名が7分間のプレゼンテーションを15社の企業経営者・人事担当者の面前で行いました。15名のうち本学からは国際教育学科4年NGUYEN THI THUY DUNGさんが、母国べトナムの紹介、卒業後は日本とべトナムの架け橋となる夢や、喫茶店でのアルバイトで日本語能力を向上させた経験などを発表しました。イベント当日まで学科やキャリアセンターの教職員の指導を受けながら、自己分析から将来の夢まで自分自身で整理し、何回も練習を重ねていきました。大阪大学、神戸大学、同志社大学、関西学院大学などの留学生たちと共に、200名を超える聴衆の前でプレゼンテーションをした経験は大きな自信になったことでしょう。
 
 午後からは、大阪を中心に関西の企業15社が参加した合同説明会が開催されました。どの企業も留学生の採用に積極的な企業ばかり。個々のブースでは熱のこもった企業の説明に対し、学生たちは真剣な表情で耳を傾けていました。「日本で働きたい」という留学生たちの夢が叶えられるよう、環太平洋大学は留学生の就職活動を全力でサポートしていきます。

iQiPlus