早島町「ゆるびの舎」で「アジアの国のお話会」を開催

  • ニュース&トピックス
  • 2017.08.28

 早島町「ゆるびの舎」で「アジアの国のお話会」を開催しました。
7月29日、8月5日、19日、26日と4回にわたり、タイ、中国、台湾、ベトナムの留学生が、それぞれの国の言葉で、自分の国の昔話をしました。最後の日は、日本の昔話をベトナム語に翻訳して紹介しました。毎回、留学生と小学生がペアになって、留学生が母国語で小学生が日本語で交互にお話をする形をとりましたが、小学生の朗読はとても上手で、留学生も負けてはいられないとお話に熱が入りました。毎回、保育園の子ども達から大人の方まで、20~40人ほどの方が集まってくださいました。保育園、幼稚園の子どもたちは、お話が始まったとたん、ある子はクスクス笑い出し、ある子は大きく目を開けてお話をする留学生を見つめ、日本語とは違った音に驚いたり、または楽しんだり、興味津々でした。

 毎回、留学生の国の言葉を紹介しましたが、元気な声できれいな発音をしてくれたのも子どもたちでした。この子たちが大きくなっても、外国や異文化に興味を持ってくれたらいいと思います。今回、留学生が紹介したお話は、イラストをつけて、冊子にする予定です。

iQiPlus