女子ソフトボール部 全日本インカレ悲願の初優勝!

  • ニュース&トピックス
  • 2017.09.04

9月1日~4日 広島県で開催された「第52回全日本女子ソフトボール選手権大会~全日本インカレ~」で悲願の初優勝を成し遂げました!

IPU女子ソフトボール部は創部以来、11回連続インカレには出場しているものの、最高成績はベスト4と悔しい思いを続けてきました。

過去のインカレで勝利することができなかった、宿敵である園田女子学園と決勝戦で対戦することとなる組み合わせ。選手らは決勝まで必ず勝ちあがると意気込んだ今大会。初戦から関東リーグを勝ち抜いた強豪、城西大学を1-0で下し、その後も順調に勝ち進み、初の決勝戦。ここまで4試合連投を続ける吉井 朝香(体育学科3年)が再びマウンドに上がり、再三のピンチもバックの安定した守備に助けられる。

0-0が続く6回表1アウト2.3塁で迎えた4番 松井 陽日(健康科学4年)が打った打球は投安となり、ボールが内野間を抜ける間に2塁ランナーも生還。2点が入る。

吉井は、ランナーを背負いながらも粘り強い投球で最後のバッターをショートフライに打ち取りゲームセット。宿敵、園田女子学園を見事完封で抑え悲願の初優勝に輝きました。

iQiPlus