ベンチャーミーティング in IPU

  • ニュース&トピックス
  • 2017.10.24

10月17日に、環太平洋大学経営学部・現代経営学科は、岡山県産業労働部産業振興課および、岡山県産業振興財団、おかやまインキュベータ協議会と共同で「ベンチャーミーティング in IPU」を開催しました。「ベンチャーミーティング」は、ベンチャー企業の認知度向上、大学における起業家人材の育成を目的とした岡山県による活動で、6回目を迎える本年度はIPU経営学部で開催しました。

おかやまインキュベータ協議会運営委員長の山本様から開会のご挨拶をいただき、3名の起業家である、
(1)モードに特化したブランド古着のビジネスを幅広く展開をされている株式会社Refine(リファイン) 代表取締役 荒木佑也様

(2)ブランディング・プロデューサー&デザイナーとしてご活躍のariadesign(アリアデザイン) 溝端マリ様

(3)フレッシュネスバーガーのフランチャイジーとして店舗拡大を展開されておられる合同会社八広屋(はちひろや) 代表社員 脇坂元治様

から、自己紹介・活動状況のお話に続いて、沼田副学長・経営学部長のモデレータの下、パネルディスカッションを行いました。

パネルディスカッションでは、多数の経営学部の学生から質問が続き、活発な議論が展開されました。パネラーの起業家3名からは、「今しかできないことに力を注ぐ」「アンテナを広く張り情報収集を継続する」「人脈を育てる」「目標を立て、実行する」「失敗したらどうしようではなく、失敗してからどうするかを考える」「経験・体験の重要さ」「お客様の喜ぶ顔が見たいがモチベーション」など、多数のサジェッションを頂戴し、学生達は経営学を学ぶ上において、大きな刺激を受けました。

現代経営学科では、幅広い知識や見識に裏付けられた「課題を見つけて考え抜き、コミュニケーションできる力」を養成するために、起業家精神の育成を掲げています。その教育活動の一環として、岡山県産業労働部産業振興課およびインキュベーション施設との連携事業を推進しています。

iQiPlus