「大学生活の充実と将来について」日経ビジネス編集長・酒井氏特別講義

  • ニュース&トピックス
  • 2017.11.27

 日経BP社日経ビジネスベーシック編集長の酒井耕一氏をゲストスピーカーにお迎えし、現代経営学科の学生らに向けた特別講義が行われました。

 酒井先生は、日経BP社入社後、アメリカ駐在を経験され、経済記者30年、日本経済、各企業活動の取材、編集に携わって来られました。講演テーマは「大学生活の充実と将来について」です。特に著名なスポーツで活躍する(イチロー、室伏広治、弘山晴美、五郎丸)選手は、企業・ビジネスをどう見ているのかという取材経験をベースに自身のスキル・能力(個人)と周囲と働く(集団)との両輪の重要性について具体的な事例のもと、熱く語っていただきました。

また、企業は人を動かすものであるということの事例として各種大手企業の事例紹介をいただき、就活に向けて「企業のことを良く知る」、「自分のことを良く知る」ことの重要性を説明いただきました。勉強をするということは自分を変えることであり、今、学生時代に基礎知識を身に付ける、マナーを身に付けることは、20年後、30年後に必ず役に立つということ、そして、いろんな体験を積み、その集大成が今後に繋がっていくものだというお話に、学生たちはノートをとりながら熱心に耳を傾けました。

iQiPlus