2年生が就活スタート!社会に求められる人材、適職発見プログラム

  • ニュース&トピックス
  • 2017.11.28

本学では、全学科共通で2年生必修科目の「キャリアディベロップメント」という授業があります。年間を通して開講されている本授業は、「2年生終了時に全員が希望進路を決定する」を目標に、働くことの意義、社会に求められる人材、適職発見プログラムなど、早期の進路決定に向けて様々な取り組みを行っています。

11月27日(月)にはその取り組みの一つとして「進路開拓」と称し、各種業界から実際の現場でご活躍されている方々にお越しいただき、具体的な仕事内容や魅力などをお話していただきました。学生は自身が興味を持つ業界を3つ選択し、それぞれの教室で自身の将来像を思い描きながら、熱心に講師の先生方のお話に耳を傾けていました。

ご参加いただいた業種は、小学校教諭、保健体育科教諭、英語科教諭、幼稚園教諭、保育教諭、特別支援学校、教職全般、警察官、消防士、フィットネススポーツ、物流企業、金融、医薬品・食品メーカーと多岐に渡り、学生は進路決定に向けてこの上ない有用な情報を得ることができました。また、ご参加いただいた講師の中には、本学の卒業生もおり、学生たちの日々の活動を知る社会人として後輩たちの将来のために熱く語っていただきました。

今後は、今年度内定を獲得した4年生から具体的な就職活動の実態を聞く機会を設けるなど、様々な観点から目標達成に向けて取り組んでいきます。

iQiPlus