第8期生 体育学部卒業研究発表会

  • ニュース&トピックス
  • 2018.02.01

卒業研究発表会が行われ体育学科・健康科学科の4年生(33名)が研究発表を行いました。
今年度は、健康科学科から初めて研究発表が行われるなど 幅広い体育・スポーツに関する研究成果が発表されました。

発表者に対し、先生方からの厳しい指摘や後輩学生からの様々な質問がある中、柔軟に対応し回答する姿がみられました。卒業研究は、学生としての集大成であり、最も成長を感じる機会になります。

例年は教員や4年生が各会場の準備や運営を行ってきましたが、今回は3年生が中心となり運営。前日から司会の練習や質問内容を考えるなど4年生の先輩学生のサポートに勤しみました。

卒論題目
①カラーガードプレイヤーにおける舞踊経験に関する一考察
②大学競技者の「やる気」に関する心理的要因の分析と提案
③大学サッカー選手における身体組成の目標値の設定について-体力測定値と身体組成の関係から
④大学サッカー選手における運動能力と競技レベルの関係性
⑤体育会の上下関係についての研究 -理想の上下関係とは-
⑥日本サッカー界が学ぶドイツの選手育成
⑦ボクサーの打たれ強さについて
⑧柔道競技におけるルール改正が選手の意識に与える変化
⑨マット運動の指導法に関する事例的研究-運動感覚に着目した「倒立前転」の指導-
⑩姿勢・骨盤サポーターとキネシオテーピングがウォーキング・ランニングに及ぼす効果
⑪大学ハンドボール競技におけるゲーム分析-公式記録用紙からみる勝利チームの共通点-
⑫剣道指導法における一考察
⑬宮本武蔵について
⑭陸上競技やり投げ選手における上肢障害発生因子の検討
⑮中距離選手の姿勢の特徴
⑯陸上競技選手におけるジュニア期の早期早熟型がその後の競技生活に及ぼす影響
⑰大学体育会における学生トレーナーの必要性について
⑱大学女子柔道選手におけるメディカルチェックと膝関節障害の関係
⑲自転車運動と各種筋力トレーニングを組み合わせたクロストレーニングの効果-長期間低迷した大学女子中距離選手の事例-
⑳3000mSCパフォーマンス向上に向けたトレーニングの方向性-競技特性および日米アスリートのトレーニングの比較から-
㉑中距離走トレーニングにおける乳酸菌蓄積感の妥当性および可能性
㉒大学野球部におけるベンチ入り投手選抜に関わる要因
㉓サッカーのPK戦における先行後攻の有利性に関する研究

計23演題

iQiPlus