IPU・環太平洋大学 体育会サイト > ダンス部 > 【チアダンス日本オープン】ダブルス部門 ダブル優勝!

【チアダンス日本オープン】ダブルス部門 ダブル優勝!

2017年10月14日(土)川崎市スポーツ文化総合センターにて、全日本チアダンス連盟主催チアダンス日本オープン選手権大会に出場しました。
【大会戦績】
◇チアダンス ダブルスシニア部門
優勝 IPU環太平洋大学(坂成祐美、内藤優香ペア)
2位 福岡大学附属若葉高校(亀渕友葵、栗原愛里ペア)
3位 IPU環太平洋大学(佐藤環、西山奈歩ペア)
◇チアダンス ダブルスジュニア部門
優勝 IPU環太平洋大学スポーツサークルチアダンスキッズ(青木奈々歌、松田百加ペア)
2位 SPARK ANGELS(緋田凛子、藤澤菜月ペア)
3位 かわそえスポーツクラブ(清水日菜子、江島実里ペア)
◇チアダンス シニア団体部門
優勝 福岡大学附属若葉高校(福岡県)
2位 IPU環太平洋大学(岡山県)
3位 創志学園高校(岡山県)
◇チアダンス ジュニア団体部門
優勝 チアダンスチームVENUS(群馬県)
2位 チアリーディングクラスCOSMOS(神奈川県)
3位 IPU環太平洋大学スポーツサークルチアダンスキッズ(岡山県)
ダブルスシニアは、来月11月の世界選手権で日本代表選手に決定している坂成&内藤ペアが、安定した演技で高得点を出し優勝しました。昨年の大会では入賞出来できませんでしたので、今年は大躍進です。さらに精進し、世界大会ではメダルを獲得できるよう、頑張ります。
団体シニアの部では、大会4連覇中の福岡大学附属若葉高校を越えることができませんでした。1人1人がテクニックの難度を上げること、アームモーションに強弱をつけて演技構成にメリハリを出すことが課題です。来年こそは、団体優勝を獲得できるよう努力します。
また今回は、毎週土曜日にIPUスポーツサークル(体育学科事業)で、IPUダンス部が指導を担当している小学生クラスの中から、選手9名が大会にエントリーしました。平日も大学生と合同練習を行い努力を重ねた結果、初出場ながら常連校を越えてダブルス部門優勝、団体で3位入賞しました。
いつも応援してくださり、本当にありがとうございます。
今後とも、よろしくお願いいたします。