環太平洋大学 体育会 > 硬式野球部 > 【OP戦】 対 広島文化学園大 10ー1で快勝

【OP戦】 対 広島文化学園大 10ー1で快勝

中国地区大学野球連盟・広島文化学園大学とオープン戦を行いました。


3月17日(金) 対 広島文化学園大

環太平洋大学 赤坂G

広文大 000 000 100 計1

環太大 231 000 22×  計10

バッテリー

岩永(岡山東商②)、佐々木(崇徳①)、伊藤(松江東③)、平澤津(クラーク記念国際①)、大原(備前緑陽②)

-志賀(文徳③)、井上(高砂②)、宮本(岩国商②)

二塁打

志賀(文徳③)

猪口(久留米商③)

沖繁(瀬戸内④)

三塁打

野村颯(崇徳④)

〇10-1で快勝

初回、1死1,2塁から志賀(文徳③)の二塁打で2点を先制する。2回、1死2,3塁から野村颯(崇徳④)の三塁打で2点を追加すると、岡田(岡山東商③)の内野ファールフライの間に1点を追加する。3回、先頭の宮﨑(玉野光南③)が安打で出塁すると、見村の死球、侍園(鹿児島工③)の犠打で再び1死2,3塁のチャンスを作り、松本(下関商②)の適時打で追加点をあげる。7回、先頭の猪口(久留米商③)が二塁打で出塁すると、志賀(文徳③)が犠打で送り、続く沖繁(瀬戸内④)の二塁打で得点、相手の隙をつき三塁まで進塁し、野村尚(崇徳④)の内野ゴロの間に1点を追加した。8回にも相手の隙をついた攻撃で2点を追加した。

一方で投手陣は、先発の岩永(岡山東商②)、2番手佐々木(崇徳①)が5回までパーフェクトピッチングで試合を作ると、3番手伊藤(松江東③)は初安打を浴びるも1回2奪三振の好投を見せた。4番手平澤津(クラーク記念国際①)は7回に制球を乱し1点を失うがその後は立ち直り、8回は3人で切って取った。最終回は大原(備前緑陽②)がマウンドに上がり、伸びのある球で相手打線を抑え、この試合10-1と快勝した。

OP戦 広島文化学園大_170317_0032 OP戦 広島文化学園大_170317_0034 OP戦 広島文化学園大_170317_0036 OP戦 広島文化学園大_170317_0045 OP戦 広島文化学園大_170317_0023 OP戦 広島文化学園大_170317_0025 OP戦 広島文化学園大_170317_0031