環太平洋大学 体育会 > 硬式野球部 > 【九州遠征①】 対 九州共立大 ①1-2× ②2-3

【九州遠征①】 対 九州共立大 ①1-2× ②2-3

九州遠征①

福岡六大学野球連盟・九州共立大学とオープン戦2試合を行いました。


3月20日(月) 対 九州共立大学

九州共立大学G

第1試合

環太大 000 100 000  計1

九共大 000 010 001× 計2

バッテリー

西山(岡山理科大附②)、屋良(浦添②)、佐々木(崇徳①)

―志賀(文徳③)

●1-2でサヨナラ負け

試合は4回、2死満塁から槇山(久留米商②)が見極め、押し出しの四球で先制する。しかし5回、先発の西山(岡山理科大附②)が先頭打者に本塁打を浴び、同点に追いつかれる。その後は互いにチャンスは作るものの得点に至らず均衡した試合が続く。しかし最終回、安打と四球で1死満塁のピンチから押し出しの四球を与えてしまいサヨナラ負けを喫した。

DSCF1872 DSCF1922 DSCF1887 DSCF1859

第2試合

九共大 200 001 000 計3

環太大 000 010 100 計2

バッテリー

岩永(岡山東商②)、又吉(浦添④)、大原(備前緑陽②)

―宮本(岩国商②)、井上(高砂②)、志賀(文徳③)

●2-3で惜敗

初回、先発の岩永(岡山東商②)は適時打で2点を失う。2巡目に入った打線は5回、押部(育英②)、秋本(聖光②)、高祖(玉野光南④)の連打で1点を返す。しかし6回、先頭打者に安打を許すとその後3塁まで送られ、適時打で1点を失う。7回、先頭の井上(高砂②)、野村颯(崇徳④)の連打と梅本(育英①)の犠打でチャンスを広げ、岡田(岡山東商③)の適時打で1点を返した。だが反撃もあと一歩及ばず、2-3で惜敗した。

DSCF2001 DSCF1984 DSCF1978 DSCF1987 DSCF2031