環太平洋大学 体育会 > 硬式野球部 > 【大橋博理事長杯IPU部内リーグ戦第3節】IMPACT 対 UNIONS・FUTURES 対 PHOENIX

【大橋博理事長杯IPU部内リーグ戦第3節】IMPACT 対 UNIONS・FUTURES 対 PHOENIX

9月30日(土)【赤坂グラウンド】

大橋博理事長杯IPU部内リーグ戦第3節

第1試合 IMPACT 対 UNIONS

第2試合 FUTURES 対 PHOENIX

以上2試合が行われました。


第1試合 IMPACT 対 UNIONS

【スターティングメンバー】

 

I 003 020 01 計6

U 000 310 00 計4

※時間制限の為8回打ち切り

 

バッテリー

I 甲斐(三潴②)、仲井間(前原②)、石賀(岡山県共生①)

-井上(高砂②)、岩佐(大東②)、宮本(将)(岩国商業②)

U 上田(広島新庄①)、多田(高松商業①)、保坂(奏)(小郡①)

-金高(広陵①)

 

三塁打

U 中村(康)(崇徳①)

本塁打

I 三木(明石商業②)


2試合を終えて1勝1敗のIMPACTと2敗のUNIONSのどちらも取っておきたい一戦は、3回IMPACTの攻撃から始まった。3番浅野(育英②)が左前打を放ち出塁。その後、相手の失策で進塁、井上(高砂②)が盗塁を決め1死2・3塁と先制のチャンスを迎える。7番梶原(由布①)が四球をもらい満塁とすると、8番溝口(明徳義塾②)の適時打で1点先制。なお、満塁とすると9番秋本(聖光②)の打球を相手が失策。その間に2点を追加し3-0とした。

その後、4回。UNIONSが反撃をみせた。4番金高(広陵①)、5番西川(天理①)、6番野村(佑)(古賀竟成館①)が四死球で出塁し、0死満塁とする。8番小池(松山北①)が相手の失策を誘い1点を返すと、1番宮本(大)(浜田①)の適時打で2点追加、試合を振り出しに戻した。

5回以降も両者取っては取られての試合展開をみせたが、UNIONSが1歩及ばず6-4でIMPACTの勝利となった。


第2試合 FUTURES 対 PHOENIX

【スターティングメンバー】

F 001 110 010 計4

P 031 000 12×  計7

 

バッテリー

F 佐伯(晃)(米子西③)、木村(洸)(今治南③)、又吉(浦添④)、家森(玉島商業③)

-糸永(玉名③)

P 高畠(倉敷商業①)、高橋(良)(クラーク記念国際①)、吉畑(育英①)

-佐藤(貴)(生光学園①)

 

二塁打

F 桃原2(大阪学院大学③)

P 吉良(北九州①)、髙橋(志)(崇徳①)

三塁打

F 熊倉(浦和学院③)

P 谷口(岡山東商業①)


試合は2回裏、PHOENIXの攻撃。5番髙橋(志)(崇徳①)が四球で出塁し、6番松永(浜田①)が左前打、7番永山(北九州①)の四球で満塁とすると、相手投手の暴投で2点先制。その後も、8番吉良(北九州①)の中線に抜ける二塁適時打で1点追加し、3-0とする。

その後、3回表にFUTURESも中島(広島商業③)が死球で出塁すると、4番桃原(大阪学院大学③)が左線に二塁適時打を放ち1点を返す。その裏にもPHOENIXは髙橋(志)(崇徳①)の二塁打などで1点を追加しまたも3点差とした。FUTURESは3年生の意地をみせ、4・5回にも1点ずつを追加し、1点差まで詰め寄るも、その後の一本が出ず逆転することはできなかった。一方、PHOENIXは7・8回にも代打で途中出場した谷口(岡山東商業①)の二塁打などで追加点をあげ、勝利した。