環太平洋大学 体育会 > 硬式野球部 > 中国六大学野球春季リーグ戦 対 福山大学・二連勝で勝ち点獲得

中国六大学野球春季リーグ戦 対 福山大学・二連勝で勝ち点獲得

平成30年度中国六大学野球春季リーグ戦・開幕週

岡山県・マスカットスタジアムにて福山大学と対戦しました。


大会初日 第一試合

福山大 011 000 000 計2

環太大 030 001 00✕ 計4

バッテリー

西山(岡山理科大学附属③)、仲尾(生光学園①)、佐々木(崇徳②)

―志賀(文徳④)

二塁打:松本(下関商業③)

〇粘りで掴んだ開幕戦白星

春季リーグ戦の開幕投手を務めたのが、昨秋大活躍した西山(岡山理科大学附属③)

先頭打者に安打を許すも後続を断ったが二回に安打三本を集められたが最少失点に抑えた。

なんとか得点を奪いたい攻撃陣はその裏に二死から一・二塁の好機を作る昨秋首位打者の松岡(神港学園神港②)の右前適時打で同点とすると新一年生の祝出(都城東①)がリーグ戦初安打となる左前二点適時打で勝ち越しに成功した。

その後両チーム一点を挙げたが仲尾(生光学園①)の好リリーフもあり開幕戦を白星で飾ることができた。


大会二日目 第三試合

環太大 020 021 000 計5

福山大 001 000 000 計1

バッテリー

岩永(岡山東商業③)、田沼(三浦学苑②)、大塚(坂出商業③)、小谷(市川③)、大原(備前緑陽③)

―志賀(文徳④)

二塁打:押部(育英③)

三塁打:仲村(筑紫台①)

〇二連勝で勝ち点1を獲得

スタメン九人のうち五人が一・二年生とフレッシュな顔触れとなったこの試合は

二回に一死から上級生の志賀(文徳④)が出塁二死一・三塁となり八番仲村(筑紫台①)が右前二点適時打を放ちリーグ戦初打点を挙げた。

五回には、仲村(筑紫台①)が内野安打で出塁すると満塁で祝出(都城東①)の適時打で得点を奪った。六回にも志賀(文徳④)の四球から仲村(筑紫台①)の左中間を切り裂く三塁適時打でこの日三打点目を挙げた。

投げては、五人の投手リレー。中でも小谷(市川③)は三者連続三振。大原(備前緑陽③)も二回を六人で抑える好投を見せ

次週に繋がる投球を披露した。