環太平洋大学 体育会 > 男子剣道部 > 平成28年度第6回全日本剣道(男子)強化合宿に参加して

平成28年度第6回全日本剣道(男子)強化合宿に参加して

平成28年度第6回全日本剣道男子強化合宿(世界選手権出場候補者)が4日間(2月23日~26日)、岡山武道館で行われました。指導者は、張 富士夫会長以下17名、選手は全日本選手権優勝者をはじめ、日本のトップ選手たち32名が参加しました。試合相手の岡山県選抜は、岡山県警・岡山刑務所・岡山教員・環太平洋大学の選手たち24名で戦いました。

試合、24日・25日の午前2試合、午後1試合の計6試合行われました。本学からは、3年生の児玉主将・西川副主将・小坂田・平田・二年生の浦の5名の選手が選抜されました。試合結果は、岡山県チームは善戦するも、団体戦では1勝も挙げることができませんでした。しかし、本学の学生たちはよく健闘し、主将の児玉・副主将の西川が、世界選手権出場候補選手に3勝するなど健闘し、全日本チームの総監督を始め指導陣の先生方の高評価を得る活躍をしました。

4日間本学の学生たちは、よく健闘しましたが、全日本の選手たちと本学の選手たちには、まだまだ実力差があります。ですが、今回の全日本合宿に参加し、合同稽古・試合等で日本のトップ選手と竹刀を交えたことで、気迫・間合い・隙の捉え方・思い切った打突等、精神面・技術面の習得、我々もやればできるのだという自信、有形無形の財産を得た試合でした。

合宿から帰っての稽古では、参加した選手たちを中心に最高のムードで稽古に励んでいきます。

主務 小松尾 勇弥