環太平洋大学 体育会 > 陸上競技部 > 松岡、7種競技で全国トップ5!〜日本インカレ〜

松岡、7種競技で全国トップ5!〜日本インカレ〜

【混成】

9月8日から10日にかけて福井県営陸上競技場にて開催された「第86回日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ)」の7種競技で、松岡絵里(こども発達3・ 姫路商)が5076点をマークし、5位入賞を果たしました。

100mHと走高跳の2種目が終了した時点で全体のトップの位置につけた松岡。その後は、苦手種目である砲丸投を、得意のやり投、走幅跳でカバーする粘り強い戦いを見せ、6種目終了時点で4位。迎えた最終種目は、苦手の800m。これまでこの種目で大きく順位を落とすこともありましたが、粘りのレースで総合順位を1つ落とすに留めました。

松岡は終了後、「私が今、陸上競技に熱心に取り組むことができているのも、支えて下さっているたくさんの皆さんのおかげです。多くの支えのおかげで5位入賞という結果を残すことができました。本当にありがとうございます。来年がラストシーズンになるので、悔いの残らないよう、精一杯頑張ります。今後とも宜しくお願いします。」と感謝の気持ちを述べました。

同じく7種競技に出場した田代なる実(体育1 ・宮崎商)も4658点と健闘し、環太平洋大学・女子混成の名を全国へ轟かせました。