環太平洋大学 体育会 > 陸上競技部 > 日本インカレ、史上最多の5種目で入賞!

日本インカレ、史上最多の5種目で入賞!

9月8日から10日にかけて、福井県営陸上競技場で「第86回日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ)」が開催されました。

東洋大学・桐生選手が100mで9秒台をマークする歴史的な大会となった今回、環太平洋大学も過去最多の4種目を上回る5種目で入賞を果たし、開学10周年を経て1年目の節目の年に、新たな1歩を踏み出すことができました。

初日の男子400mで稲井達也(教育経営4・城南)が5位入賞の快挙を成し遂げると、最終日には、友利響平(体育1・宮古総合実)の2m15のビッグジャンプ(IPU新記録)での8位入賞を皮切りに、女子ハンマー投の赤木美保(健康3・平田)が投擲種目としては初の入賞となる5位、7種競技の松岡絵里(こども発達3・姫路商)も序盤から上位につけ5位に入る健闘を見せました。

また、最終種目となった男子4×400mRでも、過去最高位となる5位に入るなど、岡山から応援に駆けつけた部員とともに大いに盛り上がりました。

この大会をもって、主将の河井晴登(体育4・松山商)以下、学生幹部も交代し、新体制で来年の日本インカレに向けて始動します。3年前、岡山から1人で日本インカレの開催地・熊谷までやってきてスタッフや上級生を驚かせた無名の1年生・河井は、3年の時を経て、日本インカレ(10種競技)に初出場、自己記録に迫る熱い戦いを見せるとともに、応援でも前面に立ってチームを盛り上げました。

今後も、熱く、高い志を引き継ぐ新主将以下、新チームの活躍に、是非ご期待下さい。