環太平洋大学 体育会 > 女子レスリング部 > 天皇杯全日本選手権大会で榎本が第3位に!

天皇杯全日本選手権大会で榎本が第3位に!

12月20日(水)~23日(土)、駒沢オリンピック公園総合運動場体育館にて今年度最後の大会となる「天皇杯全日本レスリング選手権大会」が開催され、本学女子レスリング部から女子59kg級に樋口美香子(体育4年/香ヶ丘リベルテ高校出身)、女子65kgに榎本美鈴(体育学科2年/青森・八戸工業大学第一高校出身)の2名が出場し、榎本が第3位の成績を収めました。

榎本は今年度早々に怪我を負いながらも、4月のジュニアクイーンズカップ、6月のアジアジュニア選手権、8月のインカレでいずれも準優勝となり、出場した多くの大会で上位の成績を収めてきました。そして、今年度最後の大会となる国内最高峰の「全日本レスリング選手権大会」では、自身最高となる第3位に入り、次年度につながる活躍でした。
初戦の相手は、昨年、一昨年の全日本選抜選手権大会の覇者で、今大会でも優勝候補でした。前評判通り試合は終始劣勢で進み、1-2のまま終盤に入り、1点のビハインドのまま試合終了を迎えるかと思われた試合終了2秒前でタックルを取り、大逆転の3-2で勝利を収めました。来年度も全日本クラスの大会での活躍が期待されます。

引き続き温かいご声援、ご協力を何卒よろしくお願い致します。

3位入賞の榎本=右端(赤) ※(公財)日本レスリング協会提供