IPU・環太平洋大学 体育会サイト > 陸上競技部 > 平岡、悲願の初優勝!中距離初の表彰台独占~中国四国インカレ~

平岡、悲願の初優勝!中距離初の表彰台独占~中国四国インカレ~

【中長距離】

5月17日から19日にかけてシティライトスタジアム(岡山市)で開催された「第73回中国四国学生陸上競技対校選手権大会(中四国インカレ)」の2日目、男子1500mで平岡 錬(体育4・新田)が初優勝を飾りました。

表彰台独占を狙う環太平洋大学勢は、序盤、先頭をマークしつつ、余裕を持ってレースを進めました。残り250mで平岡と千原康大(体育4・松江商)が同時に先頭に躍り出ると、すかさず井下大誌(体育1・尽誠学園)も2人を追走、平岡のラスト200mからの急激なスピードアップに反応できたのは、その井下のみでした。その後も、勢いを緩めることなく逃げる平岡に対し、懸命に食い下がる井下でしたが、この構図もラスト50mまで。最後は、井下に2秒の差をつけた平岡が、3度目のインカレで悲願の初優勝を飾りました。井下は3分55秒58で2位、千原も意地の走りで4位以下の選手を振り切り、中長距離種目では環太平洋大学史上初となる表彰台独占の快挙を成し遂げました。2年前に100分の4秒差で表彰台独占を逃してから2年。その時の優勝者で今回は3位に沈んだ千原の笑顔が、チームで戦う「インカレ」を象徴していました。

〇 平岡 錬(体育4・新田)
「4年目で初優勝することができて嬉しいです。今年は学生最後の年なので、悔いの残らない1年にしたいと思います。」