IPU・環太平洋大学 体育会サイト > 陸上競技部 > 中井が大会新V!中距離2種目表彰台独占の快挙~中国四国インカレ~

中井が大会新V!中距離2種目表彰台独占の快挙~中国四国インカレ~

【中長距離】

5月17日から19日にかけてシティライトスタジアム(岡山市)で開催された「第73回中国四国学生陸上競技対校選手権大会(中四国インカレ)」の2日目、男子800mでルーキーの中井啓太(体育1・鳥取城北)が大会新記録で優勝、3位までを環太平洋大学勢が占めました。

1500mでの表彰台独占でチームの雰囲気が盛り上がる中で行われたこのレース。強風が吹き荒れる状況下、スタート直後から果敢に飛び出したのは、日本選手権の標準記録突破を目指す源 裕貴(体育2・美祢青嶺)でした。その後ろに、同じく記録突破を目指す郷田 渉(体育3・如水館)、中井と続き、400mを54秒2秒で通過。この時点で他大学の選手たちをやや引き離し、500m地点で優勝争いはこの3名に絞られました。その後も先頭は源。しかし強い向かい風で力を使ったところ、残り150mで中井が並びかけると、残り100mでスパート。源も素早く対応するも僅かに届かず、中井が大会新記録となる1分50秒35の自己新記録で優勝を飾りました。源も1分50秒78の大会新記録。勝負どころを逸した郷田は2人から少し水をあけられるも、それでも1分51秒台の好記録で、1500mに続き表彰台独占の快挙を成し遂げました。中井の記録は、日本インカレのA標準記録を突破する好記録。これで、中距離種目では初となる日本インカレへの3名フルエントリーも決まりました。

「日本一の中距離チーム」を目標に掲げるIPU中距離パートが、令和最初の年に全国の舞台で輝こうとしています。

〇 中井 啓太(体育1・鳥取城北)
「初のインカレで大会新、自己べスト更新、全日本インカレA標準突破ができてとても嬉しいです。来年は800mと1500mの2冠を目指して頑張ります。」