IPU・環太平洋大学 体育会サイト > 陸上競技部 > 男女4継アベック優勝!エース藤原が大接戦を勝ち抜く~中国四国インカレ~

男女4継アベック優勝!エース藤原が大接戦を勝ち抜く~中国四国インカレ~

【短距離】
5月17日から19日にかけてシティライトスタジアム(岡山市)にて開催された「第73回中国四国学生陸上競技対抗選手権大会(中国四国インカレ)」の2日目、4×100mRで、環太平洋大学が男女アベック優勝を果たしました。

前日の予選をトップの記録で通過した女子は、1走の安田志織(体育3・秀明八千代)が他を圧倒するスタートで流れを作ります。2走は昨年5冠を達成し、今大会も100mと200mで優勝を果たした安藝奈々美(体育4・旭川大高)。圧倒的なスピードで更に差を広げると、次にバトンを受けたのは唯一の4年生である松井令奈(体育4・城南)。4継チームのリーダーが力強い走りで4走のルーキー島袋祐里(教育経営1・石川)にバトンを繋ぐ危なげないバトンリレーで優勝を飾りました。レース後、松井は「今回はスケジュールの関係もあったので、全員が万全かと聞かれるとそうではありませんでした。その中で46秒台を出すことの厳しさを感じました。今後は、西日本インカレ表彰台、日本インカレ決勝進出を目指します」と今後の抱負を述べました。

一方男子は、厳しい戦いを強いられました。2年生になり頭角を現した期待の新星・北之防健太(体育2・関西創価)が素晴らしいスタート、しかし、100mで3位の池澤翔輝(体育4・姫路商業)、100mで6位の小林太一(教育経営4・鳥取商)の2走から3走にかけてのバトンパスで詰まりリードを許してしまいます。最後を託されたのは、個人種目での出場を逸したエースの藤原大輝(体育2・鳥取城北)。2位でバトンを受け取ると、最初の50mで並び、しばらく並走。最後に力を発揮し、2位と僅か0.04秒差ながら1着でフィニッシュ。意地の優勝を飾りました。

男女ともに新チームとして初の公式戦。地元岡山での開催ということもあり、声援がより選手の力となりました。最大目標である日本インカレでの活躍に向けて、今回のレースで見つかった様々な課題を解決すべく、男女ともチーム一丸となってトレーニングに励みます。