IPU・環太平洋大学 体育会サイト > 女子硬式野球部 > 【女子野球】創部以来初!春季大学選手権 制覇!

【女子野球】創部以来初!春季大学選手権 制覇!

5月18、19日に高知県で第5回全国大学女子硬式野球選手権が行われました。結果は以下の通りです。

1回戦 IPU 3-1 日本大学国際関係学部

IPU 201 000 0 3

日大000 001 0 1

【選評】

1回の攻撃は1番西門がライト前で、出塁すると2番中山の送りバントで1アウト2塁、2アウトから4番増田のヒットで西門が生還し、先制する。5番寺村の左中間へのタイムリー3ベースでこの回2得点する。

3回の表エラーとバントで1アウト2塁を作り、2アウト2塁から5番寺村のタイムリー2ベースで3点目を追加する。

6回の裏 日大の攻撃、ヒットとファーボールでこの回1失点する。しかし最終回を、0点におさえ、長田が7回を1人で投げきり3対1で、IPUが勝利した。

準決勝 IPU2-0 桃山教育大学

桃教 000 000 0 0

IPU   110 000 × 2

【戦評】

先発は魚森。

初回を三者凡退で抑える。

その裏の攻撃、2番中山、3番中江がセーフティーバントで続けて出塁すると、4番増田の犠牲フライで1点を先制する。

2回裏の攻撃、先頭の6番田中がレフト前ヒットで出塁する。続く7番大須賀の送りバント、9番生尾のレフト前ヒットでランナー1.3塁とチャンスを作ると、1番西門の左中間へのタイムリーヒットで1点を追加する。

投げては先発の魚森が、6回まで3塁を踏ませない気迫の投球で相手打線を寄せ付けない。魚森の粘りに応えたい打線だが、チャンスは作るものの、後続が続かず追加点を奪えない。

しかし、魚森が4年生の意地を見せ、7回を93球の完封で20IPUが勝利した。

決勝 IPU7-0 大阪体育大学

大体大 000 00  0

IPU       210 3 1× 7

【戦評】

1回表、先発長田は先頭バッターをショートゴロに抑えるがその後フォアボールで3人のランナーを出す。一度はランナー満塁となるが続く後続をショートゴロに抑え無失点で抑える。

1回裏、2番中山が右中間を破る3塁打、続く3番中江のセンター前ヒットで1点を先制する。続く4番増田のセカンドゴロでランナー2塁と再びチャンスを作ると、5番田中のレフト前でこの回2点とする。

2回の裏、7番大須賀がレフト前ヒットで出塁し、8番駒井が送りチャンスを作ると、2番中山のタイムリーで追加点が入る。

4回裏、9番生尾のフォアボールと2番中山のライト前ヒットでチャンスを作ると、3番中江のレフトを越える2塁打で2点を追加すると、続く4番増田のヒットで60と差を広げる。

5回裏、代打辻倉がフォアボールで出塁。代走の浅尾が盗塁を決める。1番西門のデッドボールなどでチャンスを作ると今試合絶好調の2番中山のレフト線へのヒットで浅尾がホームに還り試合をきめた。

5回コールド70IPUが勝利し、創部以来初となる春季大学選手権を制した。

全国大学女子硬式野球選手権高知大会で優勝することができました。沢山の応援ありがとうございました。

次回のオープン戦は、6月1日(土)に新田高校と予定しています。これからも応援よろしくお願いします。