IPU・環太平洋大学 体育会サイト > 女子ハンドボール部 > 熱中症、薬物乱用の予防について、講習会が行われました!

熱中症、薬物乱用の予防について、講習会が行われました!

本日の17時から、熱中症と薬物乱用の予防についての講話を聞きました。

初めは大塚製薬さんから熱中症はどうしてなるのか、どう予防していけばいいのかなどのお話がありました。普段練習では、水とポカリスエットが飲み物としてありますが水ばかり飲んでしまうと逆に脱水症状になりやすいなど、アスリートにとって凄く細かく大事なところまで教えて頂きました。めまいなどくらくらしているのにあと少しならできると思っていたら大惨事になってしまうので、もう無理だと思ったら休んだり、周りの人が体調が悪かったら声を描けるなどしていきたいと思います。

続いては、男子ハンドボール部の監督

前田先生から薬物乱用についての講話を聞きました。

実体験をもとに薬物についてのお話をしてくださったので、薬物は遠い存在だと思っていましたが、凄い近い存在であることが分かりました。安易な考えが将来にまで影響を及ぼしてしまうし、勧誘などされても少しだけならという気持ちはもってはいけないと改めて感じることが出来ました!

薬物の理解をもっとしないといけないと感じることが出来ました!