キャンパス紹介

環太平洋大学 国際科学・教育研究所

 

教育研究所 施設内

本研究所は、飛躍的に進展する科学技術の分野、および科学教育をはじめとする教育分野での国際的な研究を、国内外の大学・研究機関等と連携協力しながら推進します。また、その研究成果を教育に還元し、大学及び高等学校のための新たな教育プログラムを開発するなど、環太平洋大学の教育の充実をはかるとともに、日本や世界の学術研究及び教育の発展に寄与してまいります。

 

【主な業務】

■科学技術分野の基礎研究及び先端的応用研究

■科学教育をはじめとする教育分野の研究

■理科・数学分野における先端的教育プログラム及び教材の開発研究

■国内外の大学・研究機関との共同研究

■産学連携による共同研究及び受託研究

■研究所紀要の発行

■シンポジウムの開催等、研究成果に基づく教育、普及啓発

■高大連携を通した、高等学校の教育活動の支援

 

所長挨拶

川島徳道(かわしま のりみち)

環太平洋大学 国際科学教育研究所 所長・教授

東京理科大学総合研究機構 客員教授

2013年3月23日に学内初となる研究所が横浜みなとみらいに開所しました。

本研究所は、本学の教育理念に基づいて今日飛躍的に進展する科学技術の分野及び科学教育をはじめとする教育分野における国際的な研究を、国内外の大学や教育研究機関等と連携協力しながら推進するとともに、その研究成果を教育に還元することを目的としています。

本研究所は高大連携事業として、創志学園グループの高校部門であるクラーク記念国際高等学校、横浜キャンパスのグローバル・サイエンス専攻の授業の実施、サイエンスに特化したオーストラリア留学を含めた校外活動の引率、広報活動への協力等も行なっています。

国際科学・教育に関しては、中国の大学での講演および特定非営利活動法人ネーチャーセンターリセンの「カンボジア王国コンポンチャム中学教員養成所の実践的環境教育」に協力し、環境教育の授業および実験を行なっています。

研究活動に関しては、東京工業高等専門学校 高橋三男教授とともに、科研費による「空気電池を活用した酸素センサキットの構築と新しい展開研究」、東京理科大学ベンチャー アクテイブ株式会社より助成金による「難病治療」の研究、コニカミノルタジャパン株式会社との共同研究「次世代ICT教育の基盤構築」に関する研究を行なっています。

 

職員

所長:川島 徳道

主席研究員:大橋 節子

研究員:田邉 裕、羽田 宜弘

 

MAP

所在地

〒231-0062

横浜市中区桜木町1-1-7 TOCみなとみらい16F

電話:045-263-8555

FAX:045-263-8569

 

アクセス

JR桜木町駅より徒歩1分

改札口(1か所)を出て左方向へ進み,左図を参照に2Fオフィスエントランスよりエレベーターで16階におあがりください。

 

 

 

業績

  1. 下村(志水)美文、齋木博、川島徳道、石河睦夫、木質系廃棄バイオマス微生物による分解と超音波霧化技術による有効利用、月刊「ケミカルエンジニアリング」58(1)15−22(2013)
  2. Naoki Watabe, Yoshikazu Tokuoka and Norimichi Kawashima, Stability of O/W emulsion with synthetic perfumes oxidized by singlet oxygen," Journal of Chemistry, Volume 2013 (2013), Article ID 971805, 8 pages
  3. 菅野匠、米山雄二、野口正孝、川島徳道、佐野元昭、小林聖人、下村美文、石河睦生、気相染色法を利用したヒノキチオールの塗布とその抗菌活性の検討, 日本農芸化学会大会講演要旨集,(Web) 巻:2013 ページ:WEB ONLY 2C12A08 (3.5.2013)
  4. 中島伸江、川島德道、新しい光増感剤を用いた光線力学療法の細胞における効果および評価、第1回IPU・みなとみらいシンポジウム、環太平洋大学国際科学・教育研究所(8.1.2013)
  5. 廣瀬健二、高橋未生子、渡邉早紀、渡邉 剛、石河睦夫、下村美文、川島德道、点滴棒ホルダの開発 LIFE 2013 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会(9.2.2013)
  6. 髙橋未生子、山内大亮、 渡邊早貴、 廣勢健二、 渡邊剛、 辻毅一、石河睦生、下村美文、川島德道, 車いすの自動ブレーキシステムの臨床的安全性評価 LIFE 2013 生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会(9.2.2013)
  7. 音声出力機能付無線型 CO2 測定器の教具開発- 生椎茸の呼吸によるCO2濃度の経時変化–高橋三男 ,青山陽子 ,堤博貴 ,川島徳道 ,羽田宜弘 ,間々田和彦 ,松原静郎 ,神澤雅典 ,中嶋紀夫 ,皆川藤孝 日本科学教育学会年会論文集 37, 391-392(2013)
  8. Nobue Nakajima and Norimichi Kawashima, Comparison of Hypericin-PDT with ALA-PDT in U937 and the effect of Hypericin-PDT on U937 cells and HL-60 cells using LED lamps, 15th Congress of the European Society for Photobiology, September 2-6, 2013, Liege, Belgium
  9. 二宮貴也、木村圭吾、川島德道、石河睦生、断熱シートの開発とその断熱効果の測定、2012年色材協会研究発表会、2013年10月24日
  10. 菅野 匠、北村 唯、工藤 孝、米山雄二、野口正孝、川島德道、下村美文、石河睦生, 薬剤塗布を目的とした気相染色法の開発、2012年色材協会研究発表会、2013年10月24日
  11. Kazuki Hirose, Yosuke Uchida, Takumi Kurahashi, Takaya Ninomiya, Tomoaki Yonesaka, Norimichi Kawashima, Mutsuo Ishikawa, 広瀬和紀、内田庸助、倉橋匠、二宮貴也、平井紀光、米坂知明、川島德道、石河睦夫、Basic study of Disaster Medical Assistance Utilizing Electric Vehicles (FVを用いた災害時緊急医療支援活動に関する検討)、8th Toin International Symposium on Biomedical Engineering, 34-35, October 26th , 2013
  12. Kazuya Akimoto, Norimichi Kawashima, Mutsuo Ishikawa, Development of the 3D model for surgical simulation of soft tissue (軟部組織の手術シミュレーション用3Dモデルの開発), Toin International Symposium on Biomedical Engineering, 58-59, October 26th, 2013
  13. Takumi Kanno, Takahashi Kudou, Yuji Yoneyama, Masataka Noguchi, Norimichi Kawashima, Mifumi Shimomura(Shimizu), Mutsuo Ishikawa, Development of ultrasonic atomization technology for antimicrobial coating with hinokitiol (ヒノキチオール塗布を目的とした気相染色法の開発), Toin International Symposium on Biomedical Engineering, 68-69, October 26th, 2013
  14. Mioko Takahashi, Taisuke Yamauchi, Saki Watanabe, Kenji Hirose, Takeshi Watanabe, Kiichi Tsuji, Mutsuo Ishikawa, Mifumi Shimomura (Shimizu), Norimichi Kawashima, Safety evaluation of the automatic braking system for the wheel chair (車いすの自動ブレーキシステムの臨床的安全性評価), Toin International Symposium on Biomedical Engineering, 86-87, October 26th, 2013
  15. Taisuke Yamauchi, Norimichi Kawashima, Kiichi Tsuji, Takeshi Watanabe, Shinichi Takeuchi, Mutsuo Ishikawa, Studies on automatic wheel chair braking system in the prevention of falls (車いす用自動ブレーキシステムの開発と評価), Toin International Symposium on Biomedical Engineering, 102-103, October 26th, 2013
  16. Zeng Hong and Norimichi Kawashima, Effect of anterograde abdominal breathing method on improvement of Leber’s hereditary optic neuropathy (LHON) with the G11778A mutation (one case), International Symposium on Mitochondria, November 7, 2013
  17. 中島伸江、小林明宏、古守 悟、葛迫淳一、萩原親作、川島德道、がん治療、医用材料,手術シミュレーションに関する医用工学研究, 平成24年材料技術研究協会論文賞受賞講演,2013年 材料技術研究協会討論会、2013年12月6日
  18. 田邉 裕 2013地名は誰がきめるのか。地理 58-5:16-20
  1. 安村佑樹、広瀬和紀、倉橋匠、二宮貴也、平井紀光、米坂知明、川島德道、石河睦夫、村野祐司、萬知子、EVを用いた医療機器稼働の検討、日本臨床工学技士会(2014), Vol.51, PP263
  2. 広瀬和紀, 内田庸助, 倉橋 匠, 二宮貴也, 石河睦生, 米坂知昭, 平井紀光, 川島徳道, 安村佑樹, 村野祐司, 萬 知子「EVを用いた災害時緊急医療支援活動に関する基礎検討」日本臨床工学技士会(2014), Vol.51, PP265
  3. 渡邊早貴、山内大亮、髙橋未生子、相星 啄、武藤友和、下村美文、渡邊 剛、辻 毅一、川島德道、石河睦生「車いす自動ブレーキシステムの安全性の評価に関する基礎検討」日本機械学会・日本生活支援工学会・ライフサポート学会, 生活生命支援医療福祉工学系連合大会,ポスター発表、生活生命支援医療福祉工学系学会連合大会2014 (LIFE2014)論文集2014年9月
  4. Mitsuo TATAHASHI, Hirotaka TSUTSUMI, Norimichi Kawashima, Yoshihiro HADA, Kazuhiko MAMADA, Shizuo MATSUBARA, Masanori KANZAWA, Norio NAKAJIMA, Fujitaka MINAKAWA, Development of science teaching tools using radio-type CO2 measuring instrument with voice response function-Changes in CO2 concentration with breathing of shiitake mushrooms -, The 23rd IUPAC International Conference on Chemistry Education, 18 July 2014
  5. 落合晃、徳岡由一、村上拓郎、川島德道、オゾン-UV 処理を行った各ポリマーへの細胞接着、≪最新≫動物細胞培養の手法と細胞死・増殖不良・細胞変異を防止する技術(技術情報協会)、5-11-2.2、p259-263、4月30日(2014)
  6. 川島德道、工学系からの医療研究へのアプローチ、桐蔭論叢 第31号、5-11, 2014
  7. 川島徳道、一般社団法人高齢者活躍支援協議会講演、「今後の夢—アクティブに生きる」2014年10月28日
  8. 川島徳道、中国浙江省 嘉興学院講演、Introduction to Biomedical Engineering, 2014年11月7日
  9. 川島徳道、材料技術研究協会講演、工学系からの医療研究へのアプローチ 2014年12月1日
  10. 川島徳道、一般社団法人産業色彩技術協会、基調講演「当協会の目指すもの」2015年2月17日
  11. 科研費(分担)平成24年度〜平成26年度 空気電池を活用した酸素センサキットの構築と新しい展開研究(研究代表者:東京工業高等専門学校 教授 高橋三男)
  12. コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社『ICT:情報通信技術』を活用したカスタムメイド教育の開発 共同研究費 21万6千円
  13. 田邉 裕 大海洋の優先地名について。地理 59-11:2-7
  14. Tanabe, H. and Watanabe, K 2014a. A reflection on the names of large seas. Jordan, P. and Woodman, P.(eds.) The Quest for Definitions. Hamburg. Verlag Dr.Kovac, 159-163
  15. Tanabe, H. and watanabe, K. 2014b. Standardization of Place Names in Countries Influenced by the Chinese Writing System. Semestrale di Studi e Ricerche di Geofrafia, Roma – XXV, Fascicolo 2, luglio- dicembre, 115-121.
  16. Tanabe, H. 2015. Difficulties of the exonym/endonym dichotomy from the viewpoint of East Asian placenames. Jordan. P and Woodman (eds.) Confirmation of the Definitions. Hamburg. Verlag Dr. Kovac.
  1. Mitsuo TATAHASHI, Hirotaka TSUTSUMI, Norimichi Kawashima, Yoshihiro HADA, Kazuhiko MAMADA, Shizuo MATSUBARA, Masanori KANZAWA, Norio NAKAJIMA, Fujitaka MINAKAWA, Development of science teaching tools using radio-type CO2 measuring instrument with voice response function-Changes in CO2 concentration with breathing of shiitake mushrooms –Material Technology, 33 (1), 1-4 (2015)
  2. 中島伸江、川島德道、ヒト白血病細胞(U937)におけるヒペリシン(Hypericin)を用いたPhotodynamic therapy の基礎研究。第5回 日本光線力学会 学術講演会7月10日(2015)
  3. 川島徳道、医用工学研究の紹介、東京理科大学講演、2015年10月25日
  4. 川島徳道、健康福祉研究の紹介、材料技術研究協会講演 (近畿大学)、2015年11月30日
  5. Tadashi Akamatsu, Norimichi Kawashima, Takeshi Tsunekuni, Kotaro Imagawa, Muneo Miyasaka, A blinking periorbital prosthesis using surface electromyographic signals of the orbicularis oculi muscle, Eur J Plast Surg. 2015; 38(5): 371–376.
  6. Yuhki Nakamura, Aya Hasebe, Tetsuya Johno, Takurou Murakami, Yoshikazu Tokuoka, Norimichi Kawashima, Effect of Tween 20 Concentration on Macropore Formation in Spherical Diopside Particles, Shikizai Kyokaishi 88(1):2-7 (2015)
  7. Naoki Kusumoto, Shigemi Hiraoka, Norimichi Kawashima, Yoshikazu Tokuoka, UV-Ozone generator using microwave plasma, Toin International Symposium on Biomedical Engineering, 132-133, November 14, 2015
  8. Mitsuo Takahashi,Yukie Sonobe,Kenichi Goto, Yoshihiro Hada,Norimichi Kawashima, Keiichi Iwak,Kazuyuki Oohira,Seeichi Hayashi,Shosuke Terauchi,Shizuo Matsubara, Oxidation reaction experiment of iron powder (disposable warmer) using handmade oxygen sensor, The 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2015) Dec. 14-20, (2015)
  9. 科研費(分担)平成27年度〜平成29年度 空気電池を活用した酸素センサキットの構築と新しい展開研究(研究代表者:東京工業高等専門学校 教授 高橋三男)
  10. 東京理科大学ベンチャー アクテイブ株式会社助成金
  11. コニカミノルタビジネスソリューションズ株式会社 「次世代ICT教育の基盤構築」共同研究費

論文

  1. Yoshito Sakurai, Norimichi Kawashima, Yoshikazu Tokuoka, Chemical-bonding states and protein adsorptions on ozone/UV treated polystyrene films, Material Technology, 34(4) 2016, 88-95
  2. Mitsuo Takahashi, Yuji Tatezumi, Nobue Nakajima, Yoshihiro Hada, Norimichi Kawashima. Teaching tools for science education using handmade oxygen sensor monitoring the oxidation reaction using disposable warmers. Material Technology 34(1),1-4(2016)
  3. Yoshito Sakurai, Norimichi Kawashima, Yoshikazu Tokuoka, Chemical properties and protein adsorptions on ozone/UV- treated poly (ethylene terephthalate) film surfaces. Colloid and Polymer Science, 投稿中

学会発表

  1. Development of oxygen sensor using an air battery for science education and the introduction of its applied experiments(介绍利用空气电池来制作氧气传感器及有关实验)、International Pacific University Norimichi Kawashima・Yoshihiro Hada、环太平洋大学 国际科学・教育研究所 所長・教授 川岛德道・研究员 羽田宜弘、National Institute of Technology, Tokyo College Mitsuo Takahashi、国立东京工业高等専门学校 物质工学科 教授 高桥三男、Clark Memorial International High School Yukiya Takahashi, Yukiya Hatakeyama, Sayaka Nakagawa、克拉克记念国际高等学校 高桥优贵也, 畠山広诚, 中川绚香、2016 International Conference of East–Asian Association for Science Education、Tokyo University of Science、 August 25、2016
  2. 川島德道、健康福祉研究紹介、環太平洋大学国際科学・教育研究所主催、NPO法人健康福祉工学会後援 第2回IPUみなとみらいシンポジウム TOCみなとみらい16F、6月2日、 2016
  3. 羽田宜弘、次世代ICT教育の基盤構築:仮想空間による反転型アクティブラーニングシステムの開発、環太平洋大学国際科学・教育研究所主催、NPO法人健康福祉工学会後援 第2回IPUみなとみらいシンポジウム TOCみなとみらい16F、6月2日、 2016
  4. 村上史尚1・中野颯太郎1・畠山広誠1・藤塚洋介2・仲矢史雄3・羽田宜弘4、クラーク記念国際高等学校1、コニカミノルタジャパン2、大阪教育大学3、環太平洋大学4、次世代ICT教育に対する基盤構築研究 ~仮想空間による反転型アクティブラーニングシステムの開発~ 材料技術討論会 12月2日〜3日、2016
  5. 高橋優貴也1・中川彩香1・勝部菜摘1・川島徳道2・羽田宜弘2・高橋三男3、クラーク記念国際高等学校1、環太平洋大学2、国立東京高等工業専門学校3、空気亜鉛電池を利用した理科教育用酸素センサの作製と活用実験、材料技術討論会 12月2日〜3日、2016

その他

  1. 川島德道、講演(Introduction to Biomedical Engineering)、Medtronic、上海 10月10日
  2. 川島德道、講演(介紹医用工学研究)、 蘭州大学化学化工学院、甘粛省、中国 10月12日
  3. 川島德道、カンボジア王国コンポンチャム中学教員養成所における実践的環境教育の講師、食品添加物実験授業(講義と実習)手作り酸素センサを用いた酸素の定量(講義と実習)、滴定実験授業(講義と実習)、対流実験授業(講義と実習)授業資料の作成(日本語および英語)12月27日(火)~12月31日(土)、2016