教員紹介

学長

大橋 節子教授

博士(人間科学)

専門領域:不登校/保幼小連携/教育経営/子育て/能力開発

世界を支えていくもっとも重要な要素は人であり、その人を人として形創っていくのが教育ではないでしょうか。人は生まれ、その生涯を閉じるそのときまで、常に成長し発達し続けるとされています。次世代教育学部では、教育は共育であり、響育でり、協育であるとの考えのもと、指導陣と学生が学び合い、育みあえる環境を醸成しています。 本学部には、学校現場での豊富な経験を重ねた実務家教員が多く在籍し、様々な教育現場でのケーススタディも踏まえ、一丸となって教員採用試験に挑んでいます。さらには「折れない・やめない」への心構えも育成し開学以来、多くの教員を送りだしています。教育現場で、未来を拓く人材を育てます。

副学長

沼田 秀穂教授

  • 産学連携・研究担当
  • 経営学部 学部長 兼務

博士(工学)

専門領域:マーケティングリサーチ/情報分析論/マネジメント論/販売戦略など

経営学部では、ビジネスやマネジメント手法の実学に触れながら、学習した知識を用いて「実践」「行動」「創造」するフィールドを提供します。このフィールドでの経験を通して「前に踏み出す力」、「考え抜く力」、「チームで働く力」などの社会人基礎力を確実に習得し、“答えのない課題”に対して意思決定していくための方法論を身につけていきます。企業活動や社会には“答えのない課題”がたくさんあふれています。グローバル時代のさまざまな価値観、変化への柔軟な対応力、自分の意思で考え行動できる自主性、リーダーシップを身につけ、IPUから世界という大海原へと漕ぎ出していきましょう。

村上 尚徳教授

  • 教育担当
  • アドミッションセンター長

修士(教育学)

専門領域:美術教育/美術の学力と評価

これからの社会は、グローバル化や急速な情報化などが進み、流動的で複雑化した先行き不透明な時代を迎えると言われています。そうした中で、本学では、志を持って他者と協働し、何事にも挑戦していくことのできる人材を育てることを目指しています。そのため、挨拶、礼儀、仲間意識やコミュニケーション能力などの人間力を磨きながら、学びへの意欲を高め、より実践的な学力を身に付けることを重視し、4年間で学生を伸ばすことに教職員が力を合わせ全力で取り組んでいます。

赤松 裕二

  • 総務担当

博士(創造都市)

専門領域:経営戦略/ブランド戦略/マーケティング/製品アーキテクチャ/東アジア経済

本学では人間教育や実践的なキャリア教育を通して、社会に有為な人材を育成すべく様々な教育活動に取り組んでいます。大学の4年間は、これからの自分自身の夢を実現していくための修練の場と考えています。直面する課題や目標に果敢に挑戦し、それぞれの夢の実現・達成に向けて、社会人としての素養と力を培っていきましょう。将来の実社会での新たな挑戦に向けて大学生活が充実したものとなるよう、IPUの教職員が一丸となって支援します。

学部長

黒川 隆志教授

  • 体育学部 学部長

博士(教育学)

専門領域:スポーツトレーニング学/水泳

体育学部には、みなさんの夢を実現するためのカリキュラム、また実技と理論の両面における日本でもトップレベルの指導陣、アスリートホール「トップガン」をはじめとする中・四国最大規模の体育施設や、附属鍼灸整骨院など実践の場となる施設が整っています。体育学科では実践的能力の高い幅広い分野の人材が、健康科学科では柔道整復師やトレーナーなど、社会のリーダーとして活躍する医療人が育ってきています。先生方とともに学び、学生生活のなかで自己を磨き、豊かな人間性と大学生としての専門性を身に付け、社会の様々な場で活躍してください。

長谷 浩也教授

  • 次世代教育学部 学部長

修士(教育学)

専門領域:国語科教育/教育方法/教師力/図書館教育

次世代を担う子どもたちの育成には、知識や技能を学ばせるだけでなく、それらを再構成させながら様々な事象に活用させていくことが求められます。そのためには、子どもたちに「学びの質や深まりを実感させること」「課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に学ばせること」等が不可欠となります。次世代教育学部では、そのような時代の要請を見据えながら、学生一人一人が輝くことを目指し、以下のような力を育みます。「感性が豊かな人材」「グローバルな視野を持ち、判断できる人材」「次世代の教育や現代社会の課題を発見し、解決できる人材」。これらを、本学部の特色である教育現場で即役立つ実学重視のもと作成したカリキュラムと、細やかな支援や的確な指導をする人間性豊かで専門性の高い教員が皆さんの「夢」の実現を応援します。一緒に「夢」を勝ち取りませんか。